now loading...

点群データ撮影・CADオペレーター|仕事内容|ベル・エンジニアリング株式会社・採用特設サイト

04-7146-1075(受付/平日9:00~17:00)

仕事内容JOB

点群データ撮影・CADオペレーター

主な仕事内容

既存の建造物・設備には、建設時の施工図がない場合があります。そうした建造物・設備を改修工事する際には施工図などの図面が必要になるため、当社では専用の3Dレーザースキャナを使用して点群撮影を行います。点群撮影とは、レーザーで計測することにより、3次元の座標データを取得することで、この座標データをモデル化して、正確な現況図を作成することができます。
BIMソフトと連携させれば、コンピュータ上の仮想空間に現場を再現して、シミュレーションや解析に活用できます。

写真
【具体的には】

◆最新の3Dレーザースキャナを駆使した既設構造物及び配管等の設備を3D計測(撮影)
◆3Dレーザースキャナにより得られた点群データをもとに、正確な現況図を作成

【使用するソフト】

◆Rebro (3DCAD)
◆CADwe'll Tfas (3DCAD)
◆CADEWA Real (3DCAD)
◆AutoCAD
◆Infi points

【1日の勤務例】
▼8:15~8:30 出勤
▼8:30~8:45 打ち合わせ
▼8:45~12:00 作図
▼12:00~13:00 お昼休憩
▼13:00~17:30 撮影
▼17:30 退勤
【新人研修内容】

◆ビジネスマナー
◆建設業界の基礎知識
◆作図・CAD操作の基本
◆建築設備一般の基礎知識

【点群撮影から図面作成までの流れ】
  • 写真①現場で3Dレーザースキャナを使い、現在の状況を計測(撮影)。撮影したデータを基に、正確な位置データを持つ点群データを作成します。
  • 写真②点群データから、平面や円柱などの形状をCADデータとして抽出。
  • 写真③細部の表現を整え、3DのCADモデルを作成。さらにここから、2Dの図面を作成したり、3Dのまま位置を変えたり、と様々な加工や展開を行います。
【入社後の流れ】

▼基礎研修・・・入社後はまず1ヶ月半の基礎研修を実施します。外部のCADスクールを受講して社内でビジネスマナーや設備の種類、建設業界の基礎知識、設計に関する知識を学びます。

▼実務研修・・・1ヶ月半で基礎的な知識を得た後は、実務やそれに近い作図を行います。練習問題を基に図面作成に挑戦し、講師からレビューをもらいながら学びます。

▼実務・・・・・3ヶ月間の研修を終えた後は、設計図の作成において先輩のサポートをしつつ、簡単な業務から徐々にステップアップしていきます。具体的には建築図を設備用に変換・トレースをして下図を作ります。

▼独り立ち・・・設備の知識を学びながら計算業務やダクト・配管の入力を行います。半年・1年で身につくものではないので、分からないことは1つ1つ先輩に教えてもらいながら地道にスキルを磨いていきます。
案件をまかされたら、お客様と打ち合わせをして納期までのスケジュール管理をしながら作業をします。

写真
【定期的な講習会を実施】

当社では週に1度、業務時間内で講習会を開いています。技術者としてのレベルに合った講習をご用意しているため、継続的な成長が目指せます。新入社員の方には、基礎知識を身に付けるために、講習会にご参加いただきます。

PAGE TOP